会社で責任のある仕事をしていたので、毎日疲れていました。
以前付き合っていた人はいましたが、二股をされていたので別れたのです。
もう恋愛は良いかなと考えていて、休日は自宅で韓国ドラマを見るばかりの日々でした。
韓国ドラマに出てくるようなイケメン俳優さんとの出会いがあれば良いのにと妄想したものです。
こんな生活は駄目だなと思いながら、韓国ドラマを借りる日々でした。
DVDを借りるお店の2階にはマンガ喫茶があったので行ってみることにしました。
実はマンガ喫茶はたまに行く場所で好きです。
彼氏もいないし、良い出会いがないかなと思ってました。
店員さんに個室をお願いしました。
2時間位で良いかなと思い申し込みをしたのです。
とりあえずマンガを持っていくことにして、少年マンガのコーナーにいました。
でも、こんな所で出会いとかないかなと密やかに感じていたのです。
気づいたら10冊以上マンガを持っていて、1冊下に落としてしまいました。
拾おうとしたら、一人の男性が拾ってくれたのです。
「こんなマンガを読むんだね」と笑顔で言われたので、優しそうな人だなと感じました。
ときめく出会いがあるとはビックリでした。
とりあえずマンガを持って個室に行きました。
私の心の中で、マンガのことよりも、さっきの人と話してみたいと感じてしまったのです。
でも、マンガ喫茶だしやめておこうと諦めました。
突然私の個室にフルーツパフェが届いたので、どうしてだろうと思いました。
店員さんから、「別の個室の男性からです」と言われました。
お礼を言わなくてはと思い、その個室に行ってみると、マンガを拾ってくれた男性でした。
パフェのお礼を言ったら、少しだけ話さないかと聞かれたのです。
マンガ喫茶で出会いなんてあるわけないと思ってましたが、その人が今の彼氏となりました。

関連記事